パモウナ食器棚IK/VKシリーズの選び方と特徴

パモウナ食器棚で特に人気のシリーズIK/VKの選び方と特徴を紹介します。IK/VKシリーズはバリエーションが豊富でライフスタイルやキッチンの間取りに合わせたサイズ選びができるのが特徴です。パモウナはシリーズごとに「組わせタイプ」や「一体型タイプ」に分かれているのでシリーズによって選び方も違います。IK/VKシリーズは一体型タイプなので選びやすく価格もパモウナの中ではリーズナブルな方なので人気も高いシリーズです。キッチンの間取りやご自分のライフスタイルにあった食器棚が選べるように参考にしてみてください。

 

IK/VKシリーズの選び方(基本構成)

 

1.高さを選ぶ

 

IK/VKの違いは高さです。まずは天井の高さを確認しIKかVKかを選択しましょう。

 

IK・・・高さ206㎝

 

VK・・・高さ187㎝

IK/VKシリーズ高さ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.奥行を選ぶ

奥行は2通りあります。キッチンの間取りと広さを確認し奥行を決めます。

IK/VK・・・奥行50㎝

 

IK-S/VK-S・・・奥行45㎝

 

パモウナIK/VK幅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.カウンター下の収納部を選ぶ

カウンター下の収納部は家電の収納場所が右か左または引き出しにするかの3パターンから選ぶことができます。

 

型番のR(右)、L(左)、A(引き戸)

たとえばIKL-1600Rは(L)なのでカウンター下収納部が左となります。IKR-1600RはIKの後が(R)なので右側収納になります。

IKA-1600RはIKのあとが(A)なので引き戸収納ということです。

 

 

IK/vkカウンター下収納部

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IK/VKシリーズのオプション構成

 

1.上置きの収納を選ぶ

上置きの収納には固定サイズ32㎝のものとオーダーメイド(カスタマイズ)の2種類を選ぶことができます。オーダーメイドは更に2タイプありハイタイプ(32㎝~60㎝)とロータイプ(21㎝~32㎝)を選ぶことができます。キッチンの高さを確認し固定サイズかオーダーメイドかを選んでください。

 

 

カタログ掲載価格との比較

やっぱり気になる価格ですがカタログにも実は記載しています。とてもわかりずらいのですが【】の青字で書かれた数字がメーカーの標準価格となっています。

 

例えば

IKR-1600R【201】

201,000円(税抜き) 税込みでは211,050円ということになります。

 

当サイトではIKR-1600R【201】は151,200(税込み)でご提供しています。

 

 

 

IK/VKシリーズが耐久性に強い3つの理由

1.表層にダイヤモンドグロスを使用

パモウナ食器棚の大きな特徴としてはパモウナが独自開発した素材ダイヤモンドグロスを使用しているところにあります。ダイヤモンドグロスは耐久性、耐汚性、耐摩耗性に優れた素材です。お手入れも簡単で雑巾などで拭き取るだけで簡単に汚れが落ちてしまいます。

 

パモウナ食器棚ダイヤモンドグロス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.オール内装化粧仕上&スーパークリーンボディげで耐久性・機能性をアップ

木製家具は湿気に弱いため本体に水気を吸収してしまうと劣化してしまいます。その劣化を防ぐために内装を全て化粧仕上げすることで耐久性のアップと日常のお手入れが簡単になることで機能性も向上します。またダイヤモンドグロスにも採用されているスーパークリーンボディは水に強や汚れに強いのが特徴です。これは油汚れや調味料の液だれなども染み込むことがないので簡単に拭き取ることができるのでカビの発生をなどを防止する役割にもなります。また擦れキズや変色、色あせにも強いことや塗料を使用しないことで嫌な臭いもありません。この2つの仕上げが耐久性と機能性を向上させている理由です。

 

 

パモウナ食器棚スーパークリーンボディ

 

 

 

 

 

 

3.アルミバックボードの使用

オープンスペースには厚みアルミバックボードが採用され汚れにくく耐久性に優れています。食器棚の背骨ともいえるオープンスペースにアルミバックボードを取り付けることで、より剛性が増し頑丈な構造に仕上がっています。

 

パモウナ食器棚アルミバックボード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IK/VKシリーズの機能

 

1.引き出しにサイレントシステムを採用した静かな開閉

ドイツの高級金具メーカーのヘティヒ社のサイレントレールを採用したことで引き出しの開閉は静かに滑らかな動きになってます。

 

パモウナ食器棚サイレントシステム

 

 

 

 

 

 

 

 

2.皿仕切りセットと間仕切りセット

食器に合わせてボールを配置し引き出しの開閉時にもぶつからないようにできます。間仕切りはタテヨコ自由にレイアウトできるので無駄なくスッキリ収納できます。また汚れても樹脂素材だから簡単に丸洗いできてしまいます。

 

 

パモウナ食器棚間仕切りセット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.スライドテーブル用アルミボード

キズ汚れがついても裏返して使用できる便利な両面化粧のアルミボードが使用できます。

 

パモウナ食器棚アルミボード

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

IK/VKシリーズの選び方と機能と特徴ですが、パモウナは素材にこだわり耐久性と機能を充実させ使い勝手を追求している食器棚ではないでしょか。